看護部紹介

教育研修について

新人看護師教育プログラムは、職場への早期適応と看護実践者としての基本的な能力を段階的に習得することを目的として組み立てています。各部署で行われる機会教育(OJT )は、部署で必要な技術を段階的に習得できるよう指導します。

集合教育では配属された部署によって技術の習得に差が出ないように、未習得技術に対しては技術演習を行うなど、きめ細かい教育支援を心がけています。また、新人同士の絆が深まる教育計画にもなっています。

[教育目標/新人教育]

  1. 看護職員として必要な基本的姿勢を習得できる
  2. 看護に必要な基本知識・技術を習得できる
  3. 社会人・組織の一員としての役割・心構えを理解し行動できる
  4. 新しい環境に適応できる



新人看護師支援体制

[当院の新人支援体制]

基本的看護技術は、1年間でそれぞれの目標を達成できるよう集合教育で講義と演習を行い、各部署で技術の習得を行います。機会教育(OJT)においては、新人1人に対して3年目以上の看護師をプリセプターとして、6年目以上の看護師を実地指導者として配置しています。

新人とプリセプター・実地指導者が常に同じ勤務帯で勤務することは難しいため、不在の時は、同レベルの他の看護師がその役割を担います。各部署の教育計画は副看護師長が中心となって運営し、看護師長が皆を支える体制としています。また、その他の先輩看護師や、医療安全室、他部門、院内すべての職員で新人看護師を支援していきます。

[当院のプリセプター・実地指導者の定義]

プリセプター 入職後1年間、新人看護師が職場適応できるよう、仕事の仕方、学習の仕方、悩みなど困った時の相談や支援を行う。
実地指導者 新人看護師に対して、直接臨床実践に関する実地指導、評価等を行う。

教育研修室

  • 各種資料やシミュレーター、フィジカル・アセスメントのDVDなどを準備しています。
  • 注射の練習や救急対応などの技術に不安のあるとき、学習したいときに利用できます。
  • 教育担当師長が在室しており、職場で困ったこと、勉強の仕方がわからない時などの相談にも応じています。

[ルーキーズマーク]

新人看護師であることを看護部以外の職員にも分かってもらい、温かく見守り、支援してもらえるように、1年間新採用者用のシールを名札につけます。

新人研修スケジュール

4月の入職時に病院オリエンテーションを行い、その後集合教育と各部署での機会教育(OJT)を開始します。特に入職後1か月は患者への安全な看護技術の習得と、同期の仲間との絆作りを目的として毎日研修を行います。集合教育は3か月までは毎週、その後も定期的に開催し、必要な知識・技術の学習とともに、同期の仲間と語り合える息抜きの場となるようにしています。各部署での機会教育(OJT)は、部署特有の看護技術や看護を段階的に習得できるように進めていき、1月までに独り立ちができることをめざします。2月に1年間の習得状況を確認し、3月に成長発表会を開催して、自信を持って2年目になっていけるように計画しています。

  集合教育 内容 機会教育(OJT)

4月 入職時オリエンテーション

他部署ローテーション研修
看護技術研修(毎日)
医療安全・接遇・倫理など
病院の機能・各部署で行われている看護の理解
看護技術演習1
  • 配属部署オリエンテーション
  • 配属部署職場体験
  • シャドウイング
  • 日勤のみ

5月 集合研修(1~2回/週)

意見交換会

看護技術演習1
  • 逆シャドウイング
  • 日勤業務:受持ち患者1名から段階的に増やしていく
  • 必ず指導者がフォロー
  • 6月~土日・休日日勤ペアで開始
  • 6月下旬~夜勤ペアで開始
6月 集合研修(1回/週)
救急看護
リフレッシュ
夜勤前オリエンテーション
看護技術演習1
7月 集合研修(1回/2週)
意見交換会
メンタルマネージメント

8月  
  • 日勤・夜勤ともに基本技術の取得状況に合わせ、受け持ち患者の数や、患者の重症度等を上げていく

  • 必ず指導者がフォロー
9月 集合研修 意見交換会
10月 集合研修 多重課題
11月 自己学習支援(2回/週)

看護技術演習2

フィジカル・アセスメント
12月 自己学習支援(2回/週)

看護技術演習2

フィジカル・アセスメント

1月

集合研修

自己学習支援(2回/週)

看護の振り返り 
看護技術演習2

フィジカル・アセスメント
  • 独り立ち

    ただし、未習得技術については、指導者と一緒に行う
2月 集合研修 知識・技術の確認
3月 集合研修

成果発表会

新人研修修了式

看護技術研修1の主な内容

  • バイタルサイン
  • 患者確認
  • 感染予防
  • 褥瘡予防
  • 関節可動域訓練
  • 廃用症候群予防
  • 移動・移送
  • 転倒・転落防止
  • 導尿
  • 留置カテーテル挿入
  • 浣腸
  • 摘便
  • 与薬
  • 心臓用血管造影撮影装置
  • 筋肉注射
  • 皮下注射
  • 点滴静脈注射
  • 抗生物質の用法と副作用
  • 採血
  • 検体の取り扱い
  • 酸素療法
  • 吸引
  • 輸液ポンプ・シリンジポンプ
  • 心電図
  • フィジカル・アセスメント
  • BLS-AED 等


このページのTopへ
Home

独立行政法人 国立病院機構 豊橋医療センター
〒440-8510愛知県豊橋市飯村町字浜道上50番地

代表電話:0532-62-0301

FAX:0532-62-3352

All contents Copyright: 独立行政法人 国立病院機構 豊橋医療センター, All Rights Reserved.