診療科のご案内

脳神経外科

脳神経外科では、脳卒中や頭部外傷など脳の病気を全般的に担当しております。一刻を争うような急患が多いのも当科の特徴で、このような急な患者様にも対応できるような体制の強化に力を入れています(24時間対応)。

【当科の特色】
  • 脳の病気の中でも、とくに脳卒中の治療に力を入れております 。
  • 外科手術のみでなく、患者様に侵襲のより少ない血管内手術(カテーテル治療)も積極的に取り入れています 。
  • 近隣のリハビリ専門病院や療養型病院と密に提携し、地域完結型の連携医療を目指しています。
受付時間午前8:30〜11:00/休診日:土曜日・日曜日・祝祭日及び年末年始(12月29日〜1月3日)救急で受診希望の場合は、必ず事前にご連絡下さい。※診療科によっては診療を行っていない曜日がありますので、下の『外来担当医』ボタンをクリックしてご確認をお願いします。

院内施設案内外来担当医初診の方再診の方

【こんな症状があれば受診してください】
急な手足の脱力やしびれ、言語障害、激しい頭痛、めまい、急な視力の障害、けいれん、意識障害 などの症状
頭のけが、脳ドックで異常と言われた など

主な検査機器

MRI カテーテル治療 3D-DSA


専門分野等


JND(Japan Neurosurgical Database)

当院脳神経外科では一般社団法人日本脳神経外科学会データベース研究事業に協力し、治療を行なった患者さんのデータベース登録事業を行っております。本研究事業の詳細はこちらからご確認ください。
日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database)に関する研究

主な診療実績(平成26年度)

年間入院患者総数 710名(脳卒中患者:約292名)
手術総数 170 件(うち血管内手術 89 件)
呼吸器科 [おもな手術の内訳]
脳動脈瘤36件、脳出血13件、脳腫瘍3件、頭部外傷40件、頚動脈ステント留置術39件 など
脳血管撮影(脳カテーテル)検査総数:総数:188 件
t-PAによる脳梗塞の血栓溶解療法:155件(2005年11月〜2014年12月現在)
超急性期血栓除去術:23例(2011年4月〜2015年5月現在)

スタッフ紹介


酒井 秀樹


職名 臨床研究部長
出身大学 岐阜大学(S62.3卒業)
出身大学院 岐阜大学大学院(H10.3卒業)
専門資格 脳神経外科専門医
脳血管内治療指導医
脳卒中指導医
日本静脈経腸栄養学会認定医
臨床研修指導医
日本救急医学会認定ICLSコースディレクター
ISLS認定コースコーディネーター
所属学会 日本脳神経外科学会
日本脳血管内治療学会
日本脳卒中学会
日本静脈経腸栄養学会
専門分野・得意分野に対して一言 脳血管障害の外科的治療と脳血管内治療、脳卒中全般。
診療にあたってモットーとしていること 24時間体制で脳卒中診療を中心に活動しています。
できるだけ切る手術ではなく、カテーテルによる”切らない治療”を広めていきたいと思っています。
その他アピール 脳卒中セミナーの開催などにより市民の皆様への広報活動にも力を入れ、地域医療を進めていきたいと思います。



山内 圭太


職名 脳神経外科医師
出身大学 岐阜大学(H17.3卒業)
出身大学院 岐阜大学大学院(H29.3卒業)
専門資格 日本脳神経外科学会指導医
日本脳神経血管内治療学会専門医
日本脳卒中専門医
日本DMAT隊員
所属学会 日本脳神経外科学会
日本脳神経血管内治療学会
日本神経内視鏡学会
日本小児神経外科学会
日本脳卒中学会
趣味 マラソン、ロードバイク
診療にあたってモットーとしていること 患者さん第一の診療を心がけていきたいと思っています。



熊谷 昌紀


職名 脳外科医師
出身大学 島根大学(H26.3卒業)
診療にあたってモットーとしていること 誠実な診療を心がけています。



板津 隆晃


職名 脳神経外科医師
卒業年 H28



このページのTopへ
Home

独立行政法人 国立病院機構 豊橋医療センター
〒440-8510愛知県豊橋市飯村町字浜道上50番地

代表電話:0532-62-0301

FAX:0532-62-3352

All contents Copyright: 独立行政法人 国立病院機構 豊橋医療センター, All Rights Reserved.