診療科のご案内

リハビリテーション科

リハビリテーション科では、骨折や関節疾患、脳卒中などの脳血管系疾患、及びその他の疾患により障害を負われた方が、機能を回復し、日常生活能力を高め、早期に退院し、よりよい社会生活が送れるよう、患者の皆様一人一人に対し個別にプログラムを立て訓練、治療を行っています。

当院のリハビリテーションは入院患者様のみを対象としており、外来リハビリテーションは行っておりません。

理学療法の治療内容

主に筋力トレーニングや関節可動域訓練などの機能訓練、立位、歩行を中心とした日常生活動作訓練を、疾患や患者さまの状態に合わせて行っています。

  • 骨折や関節障害のため手術をされた患者さまに対しては、病棟から筋力トレーニングなどを指導し、できるだけ早く日常生活へ復帰ができるよう訓練を行います。
  • 脳卒中の患者さまに対しては、早期より病棟にて訓練を開始し、寝たきりによる廃用を防止し、早期離床により機能回復を促し、起居動作、立位、歩行の獲得を目指し訓練を行います。
  • 心筋梗塞や心臓手術後、呼吸器疾患など内部障害を持つ患者さまに対しては、血圧、心拍数などのチェックを行いながら徐々に活動量を増やし、早期に退院し社会復帰できるようサポートを行います。

作業療法の治療内容

筋力低下や麻痺、もしくは高次脳機能障害など、障害により失われたり低下した能力を残っている能力で補ったり、または潜在している能力を引き出すことで、日常生活に関わる能力を向上し、できるよう訓練を行っております。


具体的には、障害部位の機能訓練、利き手の障害に対しての利き手交換訓練、または自助具など用い、食事、更衣、トイレなどの身辺動作の自立または介助量の軽減を目指して訓練を行います。

言語療法の治療内容

失語症、構音障害(発音の障害)に対し、評価を行い、コミュニケーションが円滑にはかられるよう患者さまに合わせた訓練・指導を行います。
また、摂食・嚥下障害に対しては、適切な姿勢、食物形態などを評価し訓練・指導を行います。
言語視覚室

専門分野等

[主な対象疾患]
  • 整形外科疾患
  • 脳血管系疾患
  • 循環器疾患
  • 呼吸器疾患

スタッフ紹介


安間 三四郎


職名 リハビリテーション科医長



このページのTopへ
Home

独立行政法人 国立病院機構 豊橋医療センター
〒440-8510愛知県豊橋市飯村町字浜道上50番地

代表電話:0532-62-0301

FAX:0532-62-3352

All contents Copyright: 独立行政法人 国立病院機構 豊橋医療センター, All Rights Reserved.