部門のご案内

薬剤部

豊橋医療センターの薬剤部は、調剤・注射室、製剤室、医薬品情報管理室からなり、総勢15名の薬剤師が勤務しています。内1名は、治験薬剤師として臨床研究部の治験管理室に所属しています。薬剤部では、調剤薬・注射薬の調剤業務は勿論のこと、薬剤管理指導、製剤業務、医薬品情報管理、医薬品購入・保管管理などを通じて、薬剤師の職能を生かし、医薬品の適正使用並びに安全使用に貢献しています。また、平成29年度からは病棟薬剤業務実施加算の算定を開始しました。これにより、薬剤師が入院患者さんに対してこれまで以上に薬物療法における有効性・安全性の把握を行い、より良い薬学的管理を提供しています。
当院の薬剤師は、各種専門・認定などの資格を多数有しており、栄養サポート、感染制御、緩和ケア、褥瘡対策、医療安全、化学療法、医療情報システムなどの病院全体に係るチーム医療に積極的に参画し、質の高い医療の提供に寄与するように尽力しています。
また、薬学生の薬学教育6年制の長期実習受け入れ施設として認定実務実習指導薬剤師を中心に後進の指導にあたっています。その他に薬剤部では他の部署と連携して各種の業務改善活動に薬剤師が取り組んでいます。

院外処方

当院では、厚生労働省の方針に基づき全面院外処方せん発行を原則としています。豊橋市薬剤師会の協力のもと会計窓口に隣接して院外処方コーナーを設け、患者さんのご希望の保険薬局を紹介しています。

調剤業務

医師の処方に対して、薬剤師が責任を持って処方監査を行い、必要に応じて疑義照会した上で、お薬を調剤しています。調剤薬については、医師・看護師と連携して、錠剤の一包化、剤型の変更など患者さんの状況に適した形での調剤を行っています。また、注射薬については、使用現場での薬剤の取り違え防止などの安全性向上の観点から1施行単位で薬剤師が取り揃えています。

薬剤管理指導業務・病棟薬剤業務

入院患者さんに対して、病棟担当薬剤師が服薬指導、服薬支援を実施しています。原則として、患者さんの持参薬の鑑別についても病棟担当薬剤師が実施しており、医師、看護師などへ投与、保管、代替薬等に関する情報提供を行った上で情報共有を図り、より安全に使用できるように配慮しています。同時に薬学的管理として、処方薬剤の投与量、投与方法、投与速度、飲み合わせ、重複投薬、配合変化等の確認や使用薬剤の効果、副作用等に関する状況把握を実施し、患者さんがより適正且つ安全にお薬を使用できる手助けをしています。

製剤業務

抗悪性腫瘍剤の調製は原則として薬剤師が安全な環境下で実施する必要があります。当院では、安全キャビネットを用いた無菌環境下で抗悪性腫瘍剤の注射剤の調製を薬剤師が患者毎に投与経路、投与速度、投与間隔等の確認を行った上で実施しています。また、クリーンベンチを用いて生物学的製剤や中心静脈栄養剤の注射剤の調製も実施しています。製剤室では、臨床サイドの要望に応じて各種院内製剤の調製も実施しています。

医薬品情報管理業務

薬剤部では、お薬に関する情報を幅広く収集し、薬剤の適正使用のための情報を病院全体に提供する役割を担っています。院内医薬品集を隔年に整備するとともに医薬品情報誌(Drug Information News)を月2回発行し、採用薬剤の情報、医薬品や医療機器の適正使用に関する情報、薬剤に関するトピックスなどの情報を実際の業務に役立つ形で提供しています。また、医師の協力のもと重篤な副作用の情報収集を行い、医薬品の市販後調査の一環として厚生労働省への副作用報告を行っています。

医薬品購入・保管管理

薬事委員会の規程に基づき、処方医、感染対策チームなどの関連部門と連携して採用薬剤を決定しています。同効薬の整理、ジェネリック医薬品の採用にも積極的に取り組んでおり、「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」に掲げられている平成30年3月末までの後発医薬品の数量シェア60%を平成26年度末に達成しています。更なる目標として平成30年に80%になることを目指して取り組んでいます。薬剤部内だけではなく、病院内の医薬品保管・管理全般に薬剤師が積極的に関与しており、厳格な取り扱いが必要な薬剤について注意喚起を行っています。

薬学生の実習制度

当院は、薬学教育協議会東海地区調整機構を介した薬学教育6年制の長期実務実習の受け入れ施設として登録されています。薬学生の長期実務実習は医療現場における薬剤師の役割を体得するとともに、臨床に係る実践的能力を培うために必須のものとなっています。当薬剤部では、実務実習モデル・コアカリキュラムに対応した参加型の質の高い実習を心がけています。実務実習期間中は、患者さんをはじめ関係者の皆様にご協力をお願いすることがありますが、ご理解のほど、宜しくお願いします。

業務改善活動(QC活動)

薬剤部では、QC手法を用いた業務改善活動に積極的に取り組んでいます。この活動は、国立病院機構本部に評価され、平成29年度 国立病院機構 QC活動奨励表彰 全国最優秀賞を受賞いたしました。また、平成26年度にも全国特別優秀賞を受賞しており、平成27年度、平成28年度はグループ担当理事表彰で最優秀賞を受賞しています。この経験を生かし、病院全体に対して業務活動伝達講習を行い、質の高い医療を提供できるよう貢献しています。

部内の薬剤師の有している資格

日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師 2名
日本病院薬剤師会感染制御認定薬剤師 2名
日本静脈経腸栄養学会栄養サポート(NST)専門薬剤師 2名
日本アンチ・ドーピング機構認定スポーツファーマシスト 1名
日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会小児アレルギーエデュケーター 1名
高血圧・循環器病予防療養指導士 1名
漢方薬・生薬認定薬剤師 1名
リウマチ登録薬剤師 1名
このページのTopへ
Home

独立行政法人 国立病院機構 豊橋医療センター
〒440-8510愛知県豊橋市飯村町字浜道上50番地

代表電話:0532-62-0301

FAX:0532-62-3352

All contents Copyright: 独立行政法人 国立病院機構 豊橋医療センター, All Rights Reserved.