部門のご案内

医療安全管理室


医療安全は医療の質に関わる重要な課題であり、安全な医療の提供の基本です。

当院では、病院の理念である「心のこもった医療」看護の基本方針である「思いやりのある看護」を基盤に、患者さんとそのご家族が、安心して医療を受けられる病院づくりを目指し、活動しています。

医療安全管理室の活動として、医師・看護師にとどまらず、病院に働く職員全てを対象に、さまざまなリスク要因に対応すべく、研修の企画・運営等、啓蒙・支援を行っています。

また、インシデント(医療事故として表にでないようなささいなミス)を分析し、大きな事故につながらないような対策を講じています。

医療安全管理室(医療安全管理者・感染管理者)の活動には限界がありますので、医薬品安全管理責任者や医療機器保守管理者、各部署のリスクマネージャー、感染リンクナースと協働し、積極的な部署ラウンドを行っています。

H24年度より、年度末に『医療安全大会』を開催し、部署ごとの医療安全への取り組みを発表しています。各部署の取り組みを医療安全管理室でサポートし、さまざまなアイデアや取り組みの成果をマニュアル等に反映させ、より一層、『医療の質と安全』の確保に努めています。
このページのTopへ
Home

独立行政法人 国立病院機構 豊橋医療センター
〒440-8510愛知県豊橋市飯村町字浜道上50番地

代表電話:0532-62-0301

FAX:0532-62-3352

All contents Copyright: 独立行政法人 国立病院機構 豊橋医療センター, All Rights Reserved.